猫や犬がおしっこした布団はクリーニングできれいになる?洗い方と予防法

猫や犬はとてもかわいいけれど、もしも布団におしっこされてしまったら・・・気軽に洗うことができないだけに大変な事態です。

おしっこされてしまったら、いったいどんな対応をすればいいのか?クリーニングに出すときれいになるのか?繰り返さないようにするには?など、ペットと楽しく暮らすために必要な、布団へのおしっこ対策をご紹介します。

「布団クリーニングの疑問」目次へ戻る

悩む猫

まずは応急措置を!

布団におしっこされたことがわかったら、まずは何をするべきなのでしょうか?

おしっこされてしまったら最初にやるべきこと

布団の種類によらず、まず最初にするのは拭き取りです。きれいな雑巾やいらない布を使っておしっこされてしまった部分の水分取り除きましょう。

その後、水に濡らして固く絞ったタオルでさらに拭き取ります。

それから布団を陰干しして乾かします。太陽に当てると汚れが酸化・定着してしまい、シミとなってしまいますので、陰干しするのがポイントです。

羽毛の掛け布団の場合、側生地(布団の中綿を包んでいる生地)には、羽毛が外にはみ出ないようにする「ダウンプルーフ加工」がされていますが、防水加工ではありません。そのため、おしっこは中綿に染み込んでしまうことがほとんどです。まずはよく乾かしましょう。

応急措置だけで洗わないと・・・

羽毛布団の側を拭きとって乾かした後、その布団は洗わなくても大丈夫なのでしょうか?

答えはNO!拭き取った後、洗濯やクリーニングできちんとおしっこの汚れを落とす必要があります。

ほっておくと、後からアンモニアの臭いがきつくなることもありますし、人間には臭いがわからなくても鼻のよい猫や犬には臭いがわかります。そうすると繰り返し同じ布団の上でおしっこをされる原因にもなってしまうのです。

また、敷布団の側生地は、すぐに拭き取りしたとしても中綿におしっこが染み込んでいる可能性が高くなります。シミになったり、臭いもつきやすいので、なるべく早くクリーニングなどで洗う必要があります。

そんなに臭いがしないから、と除菌消臭スプレーをかけて済ませてしまうことは全くおすすめできません。

除菌消臭スプレーの成分はアルコールと糖です。アルコールで雑菌を殺し、糖で臭いを包みこんで臭いを消す仕組みですが、かけすぎると糖が酸化して、ますます臭いを発するようになってしまいます。

このページのトップへ戻る

おしっこされた布団をきれいにする方法

それでは、応急措置のあと布団をきれいにする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

洗剤

自宅で部分洗い

濡れているのが広範囲でない場合に、汚れた部分のみを手洗いする方法です。中性洗剤を使用し、側生地をつまみ洗いします。洗った後は干して、よく乾燥させます。

この方法は、コストは安く済みますが、次のようなデメリットがあります。

・中綿まで染み込んでいる場合はきれいに洗えない

・布団が大きいため一部分だけを上手に洗うことが難しい

・洗った部分だけが逆にシミのようになってしまうことがある

自宅で手洗い

お風呂にお湯をはり、たたんだ布団と洗剤を入れて、足で踏みながら丸洗いする方法もあります。

この方法も、コストは安く済むものの、以下のようにいろいろな問題点があります。失敗してしまうことも多いので充分な注意が必要です。

・中綿まで上手に洗えない

・すすぎを完全にするのが難しい

・脱水が難しいため、乾かすのに何日間もかかってしまう

・乾燥に失敗し、生乾きの臭いが付いたり、布団が固くなったりしてしまう

洗濯機で丸洗い

洗濯機で洗えるサイズでウォッシャブルの布団であれば、丸めて洗濯機に入れて洗うこともできます。

こちらもコストは抑えられます。ただし、狭いなかで丸めて洗うため、以下のような問題点があります。

・丸めた内側の汚れや臭いが上手に落とせない

・すすぎが充分できず洗剤が残って臭いやシミの原因に

・脱水で中綿が偏ってしまう

・乾燥に失敗し、生乾きの臭いが付いたり、布団が固くなったりしてしまう

・天日干しで充分乾燥しても、中綿や羽毛がよれてしまう

コインランドリーで丸洗い

洗濯機で洗えないサイズの布団は、大型コインランドリーに持っていって洗うこともできます。

ただし、自宅の洗濯機と同様、丸めて洗うことになるため、汚れや臭いを完璧には落とせません。

また、布団を快適に仕上げるには、洗ったあとの乾燥が重要。羽毛布団にしても敷布団にしても、乾燥に失敗してしまうと、生乾きの臭いがついたり、中綿が固まってしまうなど、取り返しの付かない事態になってしまうことも。

コインランドリーの乾燥機は一般的に、繊維に合わせた温度設定が出来ません。そのため高温で繊維が縮んだりしてうまくいかないことも多いのです。

コインランドリーで洗う際の注意点については、下記の記事も参考になさってください。

→布団クリーニングとコインランドリー、どちらがお得?

布団クリーニング

最も推奨したいのは、布団クリーニングに出してプロにきれいに洗ってもらうことです。

それなりの費用はかかってしまいますが、布団の材質に合わせた洗い方と乾燥方法で、丁寧に洗ってくれる業者に依頼すれば、中綿の汚れまで落ち、嫌な臭いも消すことができます。

おしっこの汚れだけでなく、ペットを飼っていると気になるダニやノミも一掃できて一石二鳥です。

布団クリーニングで臭いが取れないケース

布団クリーニングに出しても臭いが取れなかったという場合、洗い方が合っていなかった可能性が考えられます。

・ドライクリーニングした

おしっこの臭い成分であるアンモニアは水溶性です。水洗いでないと取れません。

・すし巻き状にしてほかの布団とまとめ洗いした

丸めた内側の汚れや臭いが残ってしまいます。

・予備洗いしていない

汚れや臭いが強い部分だけ、ブラシをかけて予備洗いしないと落ちません、

また、ペットのおしっこの強い臭いを分解するには、特別な対応が必要な場合も。

ホームページなどを確認して、ペットのおしっこのついた布団クリーニングに実績のある業者を選ぶことも大切です。

デアでは、ペットのおしっこの臭いも分解するEM菌を含んだ100%天然石けんによる手洗いを、1枚1枚丁寧に行います。クリーニングの工程は以下のページをご覧ください。

→デア布団クリーニングの工程

打ち直しまたは買い替え

側生地が破れかけていて中綿が出てしまいそうな場合、布団クリーニングに出すことができません。その場合、側生地の補修や側交換で対応できる場合もあります。

長く汚れを放置してしまい、クリーニングでもきれいにならない、中綿の臭いが余りにもひどい、古くなって固くなってしまっている場合などは、布団の打ち直し(リフォーム)または買い替えを検討することになります。

ただし、打ち直しも買い替えも、それなりに費用がかかります。本当に布団クリーニングで解決することができないのか、見極めるためにクリーニング業者に相談してみるのもひとつの方法です。判断基準については、以下の記事も参考になさってください。

→布団クリーニングと新しい布団の購入、どっちがいい?

→布団クリーニングと打ち直し、どっちがいい?

このページのトップへ戻る

今後の粗相を防ぐには

せっかくきれいにした布団、またおしっこされてしまった!!ということのないようにしたいものです。今後の粗相を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

布団と猫

おしっこしてしまう原因

羽毛布団や羊毛布団には、鳥や羊の毛の匂いがついています。人間には感じ取れなくても、猫や犬はその動物の匂いを感じ、反応してしまうことがあるようです。

トイレが汚い・環境の変化などストレスを感じている・泌尿器系の病気にかかっているといったときに、粗相をしてしまうこともあります。

また、発情期の猫のおしっこは、お相手を引き寄せるために臭いを発散します。この臭いは強烈で取れにくいため、特別な消臭加工が必要になります。

粗相を繰り返さないためにできること

いったんおしっこの匂いが付いてしまうと、繰り返し同じ場所でしてしまうケースが多いため、布団クリーニングなどを利用して、極力、匂いを取り除くことが肝心です。

また、トイレの状態やストレスなど、原因となっていそうなことがあれば改善していきます。昼間は布団を敷きっぱなしにせずにしまうことで、粗相される可能性を減らすことも大切です。

まとめ

猫や犬におしっこされてしまったら、しっかり洗って臭いを消すことが、粗相を繰り返さないためにも必要だということがわかりました。おしっこの成分であるアンモニア臭を布団から完全に消すには、プロの手を借りるのが一番。

コストはかかってしまいますが、ペットのためにも、快適な睡眠のためにも一次しのぎでない対策をしておきましょう。

このページのトップへ戻る

ご注文はこちら