トピックス

無添加天然石鹸の魅力

クリーニングのデアでは、布団を無添加の天然石鹸で洗っています。

そもそも石鹸の役割とは

本来、油などの汚れと水は混ざらないため、水で洗っても汚れはきれいに落とすことができません。
その水と油のどちらにもくっつき、汚れを落とすことができるようにする(界面活性)のが石鹸や洗剤なのです。

石鹸の働き界面活性剤の図

石鹸と合成洗剤の違い

石鹸と合成洗剤は製造方法が大きく異なります。

石鹸は、動物由来の油脂や植物由来の米ぬか油などと苛性ソーダを反応させ製造されるため、人体に優しく洗浄力も抜群です。
保湿力もあり、しっとりとやわらかい洗い上がりになります。
更に石鹸は分解されやすく、汚れを落とすという役目を果たした後に下水として流れた石鹸は微生物がエサとして食べてくれるので環境にも非常に優しいのです。

一方、合成洗剤は石油からアルキルベンゼンスルホンやアルファオレフィンといった合成界面活性剤を作り、香料や蛍光増白剤などを添加し作られます。
石鹸と同じような作用を持ち、安く大量に製造することを目的とした、言わば完全なる人工物の結晶

確かに洗浄力は抜群ですが、人工的に作られたモノであるがゆえに洗濯物に残りやすく、洗い流した下水も分解されにくいのです。

無添加天然石鹸

 

肌荒れの原因になることも

「合成洗剤は分解されにくく残りやすい」
「残留した洗剤が長期間肌に触れ続ける」
これは肌の弱い人や子供はニキビ・肌荒れになってしまったり、
場合によってはアレルゲンとなりアトピー性皮膚炎などのアレルギー反応が出てしまう恐れも。

筆者の知人は昔から肌荒れがひどく何年も皮膚科をまわり、様々な塗り薬や飲み薬を試してみるも効果がなく諦めていたが、身体を洗う際に使っていたボディーソープ(合成洗剤)を無添加の石鹸に変えると肌荒れが数週間で治ってしまった。
といった事例もあります。

腕が痒くて掻く男性

でも結局のところ合成洗剤のほうが汚れは落ちるんでしょ?

「合成洗剤は天然石鹸より汚れが落ちる」
「天然石鹸は汚れが落ちにくい」
といった印象があるかもしれませんが、実はそんなことはないのです。
無添加の天然石鹸は40度前後の適切な水温で、しっかりと泡立てることにより、
合成洗剤以上の洗浄力を発揮することができます。

天然石鹸を泡立てた写真

安心と安全のために

食料品では、商品を購入する際に成分表示を見て添加物がどれだけ入っているか確認したり、
無農薬の農産物を選んだり、有機栽培、つまりはオーガニック食材を重視するなど
「無添加」にこだわる方が増えています。
なぜそこまでこだわるのか。

「安全なものを安心して食べたいから」なのではないでしょうか。

畑の農作物

多くの時間を共に過ごすモノだからこそ

私達は布団やカーペットと多くの時間を共に過ごしています。
だからこそ食品と同じように、

「大切なモノを安心して永く使ってほしい」
という想いで、デアの布団クリーニングでは無添加の天然石鹸を使い続けています。