menu
閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 布団に利用されている素材の種類と特徴
    2. 【クリーニング屋の秘密】すすぎ&脱水の秘密道具
    3. 寝心地バツグンです!ふわふわの布団に満足してます
    4. 何をしてもダメだったのにスゴイ匂いが取れました!
    5. 娘の咳が出なくなり安心して休めるようになりました
    6. 「布団が生き返るよ!」と友達に話しをしています。
    7. 寝汗でできた布団のカビなどについて
    8. 布団クリーニングで健やかな眠りを実現
    9. 布団は、ダニの絶好の住みか
    10. 炭の入った敷布団もダニがいなくなって安心しました
    閉じる

    あったかい布団で眠りたい

    布団の保管

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    保管用圧縮ビニール袋に布団を入れ、掃除機で中の空気を抜いて布団を圧縮して保管する方がいます。
    布団がペシャンコになって収納には大変便利ですが、羽毛布団や羊毛布団、化繊綿製品には向いていません。
    中綿の性質上、羽毛の場合は羽毛自体の羽軸が破損して劣化します。

    また羊毛の場合は繊維が折れて、保温力が低下します。
    使う時になって開けてみると、ふくらみが非常に悪く元々のふっくら感が低下します。
    また真空パック加工をしてくれる布団クリーニングもありますが、戻した時はさらにふくらみが戻りません。

    それなら押し入れに押し込んででおく方がましです。
    しかし梅雨時にはカビの心配も出てきます。ダニもいなくなりません。

    布団クリーニングで汚れを取ってそのまま保管してもらえるサービスを利用するのが、
    布団にとって一番よいお手入れと保管法です。ダニやカビから布団を守り、収納スペースもいりません。
    sinku-pac

    布団の真空パック。元に戻りにくいのが難です。

    関連記事

    1. 合成洗剤で下着を何度も洗っているのに黒ずんでくるのは、 汚れが落…

    2. 掛け布団の肌掛け・合い掛けとは?

    3. Hello world!

    4. 布団は、ダニの絶好の住みか

    5. 布団に利用されている素材の種類と特徴

    6. ご家庭でできる布団のお手入れは?

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    ピックアップ記事

    1. デアでは一味違う宅配クリーニングを実現するために、クリーニングの手法にも様々なこだわりを持っています…
    2. 「カビ」と聞くと、梅雨のじめじめした時期に現れる厄介なものというイメージがありませんか?でも空気…
    3. 日本人は平均5~7時間の睡眠をとる人が多いようです。(厚生労働省調べより)1日のうちの4分の1に…

    Facebook

    Twitter

    ページ上部へ戻る