menu
閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 寝心地バツグンです!ふわふわの布団に満足してます
    2. 収納スペースが狭いため、保管も本当に助かります。
    3. 花粉の季節到来! プロが教える、家庭でできる簡単お布団掃除法♪
    4. 座布団の大量クリーニング。今度は布団を頼みます。
    5. 天日干しではダニは減らない
    6. 布団丸洗いのデアの2大特徴  1.天然石けんで丸洗い 2.布団の芯まで…
    7. 布団は、ダニの絶好の住みか
    8. 市販されている「無添加」洗剤として販売されているものは、蛍光剤や着色料…
    9. 布団クリーニングで健やかな眠りを実現
    10. カビ臭が消えて中まできれいになり気持ちがいいです
    閉じる

    あったかい布団で眠りたい

    マットレスのカビ取り作業

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    まだ日中の暑さはありますが、だんだんと過ごしやすくなってきましたね。
    今日は、誰もが一度は目にしたことはある「カビ」をご自宅で除去するやり方をご紹介致します。
    カビを除去する品物はマットレスの場合となります。

    今回ご紹介するやり方は、あくまでもカビの除去になります。
    発生してからすぐのカビなら、比較的簡単に落とせます。
    しかし、カビは変色するまで放っておきますと、カビの色素が布団の繊維に定着した「カビジミ」となり、プロの腕でも落とすのが困難です。
    除去できても、カビの染み自体が残るのが嫌だな・・・っと思う人は、新しいマットレスに買い換えるのをオススメします。

    それでは早速、カビの除去のやり方をご紹介します。

    【マットレスのカビ取り流れ】
    まず、霧吹きに塩素系の漂白剤を水で200倍以上に必ず薄めて入れて下さい。
    塩素系タイプだと、強い酸化力と殺菌力があるためカビ菌やカビのニオイ取りには良いです。

    ただし、塩素系は強力な漂白剤となります、必ず水で薄めてから使うようにして下さい。
    あとは、いきなり全体には吹きかけず、テストで隅の目立たないところで試してみてください。
    テストでうまくいったら、全体に軽く吹きかけてください。この時に、吹きかけ過ぎには注意して下さい。
    天日干しで乾いた後、固く絞ったタオルで拭きます。

    【塩素系漂白剤を扱う上での注意事項】
    1. 自分の身体を防護して使う必要が在ります。絶対に素手で触ってはいけません。ゴム手袋を着用して袖の長いものを着て扱って下さい。

    2. 目に入らないようゴーグルやメガネなどで十分に防護して扱って下さい。

    3. 塩素系漂白剤の容器には「混ぜるな危険」という注意書きがあり、塩素系漂白剤は酸性の洗剤などと混ぜると、猛毒の塩素ガスを発生します。

    自分でやる時間がない方は、布団クリーニングのデアにお任せ下さい!
    クリーニングのデアでは、布団、毛布、マットレスなど様々な寝具品のクリーニングを承っております。

    関連記事

    1. 布団の保管について

    2. プロが教えるダウンウエアの洗い方

    3. 合成洗剤を使わない布団クリーニング

    4. 布団とダニについて

    5. 布団がキレイになる理由は、大量の水と100%天然石けんで、布団の…

    6. 寒くても寝汗はかく!? オールシーズン、汗汚れ・油汚れに要注意!…

    ピックアップ記事

    1. デアでは一味違う宅配クリーニングを実現するために、クリーニングの手法にも様々なこだわりを持っています…
    2. 「カビ」と聞くと、梅雨のじめじめした時期に現れる厄介なものというイメージがありませんか?でも空気…
    3. 日本人は平均5~7時間の睡眠をとる人が多いようです。(厚生労働省調べより)1日のうちの4分の1に…

    Facebook

    Twitter

    ページ上部へ戻る