menu
閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 布団クリーニングで健やかな眠りを実現
    2. 春はダニの季節。そこへ重大事実。天日干しに効果ナシ!? では、本当に効…
    3. 天日干しではダニは減らない
    4. プロが教えるダウンウエアの洗い方
    5. お客様のお布団は1枚1枚、台の上にひろげられ、上から大量のマイナスイオ…
    6. 布団の保管
    7. 炭の入った敷布団もダニがいなくなって安心しました
    8. 防災用布団クリーニングと大量圧縮に感謝してます。
    9. ペットの臭いが染み付いて今まで買い替えていました
    10. 安くて早くて便利!布団袋もありがとうございました
    閉じる

    あったかい布団で眠りたい

    寝汗でできた布団のカビなどについて

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    布団の蒸気の発散

    布団の蒸気の発散ジェット水流方式のクリーニング&乾燥室での乾燥で花粉をブロック!

    春も中ごろになり、暖かくなりはじめました。
    冬の寝支度で布団に入ると、気が付いたら汗だくになってしまった、という方も多くなる時期ではないでしょうか。
    布団の中でかいた汗は、布団が吸収し外側へ発散される仕組みです。しかし、フローリングなどの床に直に敷いた布団では、その水分が逃げる場所が無いため布団の裏側に水分が溜まってしまい、布団のカビやシミの原因になります。

    布団にカビができてしまったら、すぐにデア布団クリーニングをご利用ください。
    発生してからすぐのカビなら、比較的簡単に落とせます。しかし、カビが変色するまで放っておきますと、カビの色素が布団の繊維に定着した「カビジミ」となり、プロの腕でも落とすのが困難です。

    愛用の布団を永く使っていただくために…。 早めにプロにお任せください!

    関連記事

    1. 市販されている「無添加」洗剤として販売されているものは、蛍光剤や…

    2. プロが教えるダウンウエアの洗い方

    3. 合成洗剤を使わない布団クリーニング

    4. 意外と知らない!?布団クリーニングの正しい周期とは…

    5. とっても簡単。弊社への布団の送り方。

    6. 布団に利用されている素材の種類と特徴

    ピックアップ記事

    1. 「カビ」と聞くと、梅雨のじめじめした時期に現れる厄介なものというイメージがありませんか?でも空気…
    2. 日本人は平均5~7時間の睡眠をとる人が多いようです。(厚生労働省調べより)1日のうちの4分の1に…
    3. 日本人の快眠のためにクリーニング店が出来ること梅雨の季節真っ只中ですが、いかがお過ごしでしょ…

    Facebook

    Twitter

    ページ上部へ戻る