menu
閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 近所のランドリーで洗っても取れなかったのにスゴイ
    2. 布団とダニについて
    3. ムートンの敷布団
    4. 30年前の布団がフカフカ爽やか布団に蘇りました!
    5. ご自宅での布団の洗い方
    6. 寒くても寝汗はかく!? オールシーズン、汗汚れ・油汚れに要注意!!
    7. 買い換えるよりリーズナブル!2倍にふくらんだ布団
    8. 布団クリーニングでダニ退治
    9. 合成洗剤で下着を何度も洗っているのに黒ずんでくるのは、 汚れが落ちてい…
    10. プロが教えるダウンウエアの洗い方
    閉じる

    あったかい布団で眠りたい

    布団の保管について

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ビニール袋で掃除機などで中の空気を抜いて布団を圧縮して保管する方がいます。
    布団のペシャンコになって収納には大変便利ですが、羽毛布団や羊毛布団、化繊綿製品には向いていません。

    中綿の性質上、羽毛の場合は羽毛自体の羽軸が破損して劣化します、また羊毛の場合は繊維が折れて保温力が低下します。
    使う時になって開けてみると、ふくらみが非常に悪く元々のふっくら感が低下します。それなら押し入れにお仕込んでおく方がましです。しかし梅雨時にはカビの心配も出てきます。

    布団クリーニングで汚れを取ってそのまま保管してもらえるサービスを利用するのが、布団にとって一番よいお手入れと保管法です。

    布団クリーニングに出した時などは、布団袋に入った状態で戻ってきます。
    布団袋から布団を取り出さずに、そのままの状態で保管しますと蒸れて臭いがきつくなったり、羽毛自体の品質の低下の原因となってしまいます。
    必ずクリーニングから戻ってきた際には、布団袋から取り出して通気性の良いものに入れ替えて保管をしてください。

    押入れで保管する場合は、通気性の良いもので保管することをオススメします。
    特に購入時の専用バッグなどは通気性が良い布で作ってあるものがほとんどですので、自宅で保管するにはとても便利です。

    関連記事

    1. 布団がキレイになる理由は、大量の水と100%天然石けんで、布団の…

    2. 布団の蒸気の発散

      寝汗でできた布団のカビなどについて

    3. とっても簡単。弊社への布団の送り方。

    4. 掛け布団の肌掛け・合い掛けとは?

    5. 布団の保管

    6. 布団クリーニングでダニ退治

    ピックアップ記事

    1. デアでは一味違う宅配クリーニングを実現するために、クリーニングの手法にも様々なこだわりを持っています…
    2. 「カビ」と聞くと、梅雨のじめじめした時期に現れる厄介なものというイメージがありませんか?でも空気…
    3. 日本人は平均5~7時間の睡眠をとる人が多いようです。(厚生労働省調べより)1日のうちの4分の1に…

    Facebook

    Twitter

    ページ上部へ戻る