menu
閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 30年前の布団がフカフカ爽やか布団に蘇りました!
    2. 花粉の季節到来! プロが教える、家庭でできる簡単お布団掃除法♪
    3. ペットの臭いが染み付いて今まで買い替えていました
    4. 布団の保管
    5. ご自宅での布団の洗い方
    6. 布団に利用されている素材の種類と特徴
    7. 来客用布団や毛布を夏の間預かる魅力的なサービス!
    8. アレルギーの息子を持つ親にとって頼りになります。
    9. 意外と知らない!?布団クリーニングの正しい周期とは…
    10. 蕁麻疹が出る私にとって合成洗剤はやっぱり怖いです
    閉じる

    あったかい布団で眠りたい

    布団クリーニングでダニ退治

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ジェット水流方式のクリーニング&乾燥室での乾燥で花粉をブロック!
    廉価な布団が量販店などで売られており、「布団の値段に比べて布団のクリーニング代は高い」と考える方が多いのはもっともだと思われますが、それでも布団はクリーニングに出した方が良いと思います。

    1日の約1/3を布団の中で過ごすわけですから、汚れます。汗を吸います。必ずダニがいます。

    ふとんを天日干ししても、ダニは死にません。湿気はなくなっても汗の成分は布団の中に蓄積されています。布団をクリーニングするなら、布団をすし巻きにしたクリーニングではなく、布団の芯まできれいにする、ジェット水流方式のクリーニングがおすすめです。

    関連記事

    1. デアのふとんクリーニング方法

    2. ジェット水流方式のクリーニング&乾燥室での乾燥で花粉をブロック!

      布団についた寝汗による汗・油にについて

    3. 布団の蒸気の発散

      寝汗でできた布団のカビなどについて

    4. とっても簡単。弊社への布団の送り方。

    5. 合成洗剤を使わない布団クリーニング

    6. 冬も「布団のカビ」に要注意!

    ピックアップ記事

    1. 「カビ」と聞くと、梅雨のじめじめした時期に現れる厄介なものというイメージがありませんか?でも空気…
    2. 日本人は平均5~7時間の睡眠をとる人が多いようです。(厚生労働省調べより)1日のうちの4分の1に…
    3. 日本人の快眠のためにクリーニング店が出来ること梅雨の季節真っ只中ですが、いかがお過ごしでしょ…

    Facebook

    Twitter

    ページ上部へ戻る